再来率 指名売り上げアップ そんなカウンセリング

>

スポンサードリンク

オススメ本ブログ更新しました

見てない方は是非見てみてね♪

シンプルに考える思考を持ちたい方に

4月に1年ぶりに地味勝つセミナー行います。

興味ある人は来てみてね♪

お申し込みはこちらからですねん

※少し空きでましたので興味のある方はお越しくださいませ♪

 

 

はい。どうも。

ゼニマルです。

こんにちは。

 

 

今日もいい花粉日和ですねぇー。

 

 

 

 

 

 

 

今月の10日くらいからでしょうか?

新しく新商品を一つ入れました。

なんか育毛剤的なやつ。

 

 

結構こういうのって売れにくかったりするのですが

なんか地味に売れてくれてます。

 

 

何事も先入観で決めるのではなく

やってみるものだなぁーって思いました。

毎回10本で発注するのですが

週末になくなってしまうという・・・

 

 

多く入れておけって話なんですが

なんか注文縛りの都合もあって10本頼むんですよ。

でも週末になるとなくなるんですよ・・・

 

 

でも20本頼むのも勇気いるよなぁーみたいな感じですよ・・

 

 

そんな悩みを抱えながら今日も残り一本になってしまいました。

頑張りたいと思われます。

 

 

最近うちで取り組んでおります

カウンセリウングってやつ。

僕はこれを非常に重要視しております。

 

 

 

カウンセリングが変わることで

客単価が変わり

客単価が変わる事で

指名率が変わります。

 

 

指名率が変わることにより来店サイクルが

短縮されてきます。

 

 

僕はこのやり方について

お友達のともきさんが提唱されている

最初から全てを決めればいいというやり方も

すごく納得がいき

よくできたシステムだと思ってます。

 

 

あれはあれで最強の仕組みだなと。

ヘアーエステってやつですね。

 

 

ただうちみたいに最初から損益分岐点が高いサロンになると

呼び込み客単価が1万円以上になってきますと

見込める新規数がやはり少なくなりますので

損益まで達する時間が非常に長くなってしまう。

 

 

でも こないだともきさんが書いていたブログに

いいことが書いてありました。

新店舗を出す時に2番手を行かせないってやつ

 

 

あれはすごく納得できまして

売り上げを持っているスタイリストを行かすっていう時は

僕の中でも立地条件を選びます。

 

 

どういう立地条件になるかと言いますと

 

 

客単価をあげることが可能

かつ

再来してくれるであろう見込み客の集客が取り辛いところ

 

 

以外は 基本売り上げを持っている子を行かせず

集客が取れる可能性のある立地条件に出店し

教育により 上げていく。

 

 

前のサロンであまり売り上げをあげれるチャンスのなかった子達に

チャンスを与えるという意味も持たせたサロン出店で考えるということになります。

 

 

でね そう考えるとやはり重要な教育というのは

もちろん技術とか接客って大事なんですが

それはありきで

 

 

僕はカウンセリングが大事だと思うんですね。

 

 

しかも集客を取ろうと考えた場合

客単価をある程度下げての集客をしなくてはなりません。

単価を下げて集客し

実際にカウンセリングで客単価をアップする。

 

 

で、こういう話をすると

それはお客さんからしたら詐欺じゃないか!!

っていう話をする人が出てくるんですが

 

 

実際僕もそう思ってました。

 

で、実際そうしてました。

でもとある日

田中のカウンセリングをもう1店舗で教えさし

その後の数字を追ってみたところ

 

 

再来率そして

指名率が上がったんですよ。

 

 

これにはねもちろんちゃんとした理由がある。

 

 

その理由は省きますが

それを見て僕は思ったわけです。

 

 

 

やっぱカウンセリングだなって

 

 

で、新店舗でもそれを徹底的に落とし込ませ

後のスタイリスト別の数字を追い

見ていくことで オープンして四ヶ月で

前のサロンでは指名売り上げ10万とか20万だった子が

 

 

80万の指名売り上げを上げ出すわけなんです。

 

 

オープンして四ヶ月です。

ほぼほぼ前の指名のお客さんはきておりません。

 

 

ただ言われたことを素直にやっただけなんですよね。

 

 

 

このカウンセリングには大きく分けて5つのメソッドから成り立ちます。

 

 

1、相手のタイプを見極める(4分割)

 

 

2、そのタイプ別によるアプローチの考え方

 

 

3、たった5分で単価アップ、店販販売、再来への導線を作り込むプレカウンセリング。

 

 

4、逆算シートを使ってお客様の潜在ニーズを引き出す方法

 

 

5、テクニカルシートを使って

メニューのリピートそして再来、につなげていき

次回予約まで取っていこうっていう内容です

 

 

これを徹底して

サロンに落とし込んでもらったことによって

再来そして指名率が上がり

客単価も上がってくるっていう風になりました。

 

 

新店に関してはオープンして

五ヶ月目で 指名売り上げを持っている子がいないにもかかわらず

今月動員数 1200名超えてきました

 

 

これがねよくある話

立地条件のいいところで新規がよく来るサロンでありがちなのが

 

新規依存に陥り

いつまでも顧客がたまらず

いつしか 近所に似たようなお店もでき

そして 売り上げが下がり 忘れ去られるサロンとなっていく。

 

 

 

僕はどんな条件でも絶対に

再来率なくしてはサロンの繁栄はありえないと思っています。

新規比率より 既存再来率を重視しなくてはいけません。

 

 

1美容師としてもそうです。

どれだけ撮影ができ

そのスタイルで新規指名がどれだけかかろうが

 

結果 既存再来の悪い美容師は絶対にある程度から売り上げが上がりません。

 

 

ぜひサロンの再来率ってのを常に追い続けてください。

店長会議などをしていて僕は必ずそのサロンの店長に尋ねます。

 

 

今の新規再来と固定再来は何パーセント?って

その時に答えられない店長が必ずいてるんですよね。

 

 

そういう店長に対し

僕は自分のサロンの店長でもないにも関わらず

 

 

ボロックソ怒り倒してやります。

 

 

もう店長降りろまで言うてやります

 

だってそんな奴が店長してたら絶対サロンの売上げ上がるわけないですから。

 

 

一人や二人でされているサロンならそんな数字気にしなくていいと思います。

 

 

だってその人たちの人柄できっとお客様が集まってくれてるはずだから。

 

 

 

でも売上げ500万あげようとか1000万あげようなんて言ってるサロンは

全く別の話になります。

 

 

数字を意識しなくては

絶対にその数字は上がりませんから。

なぜなら 自分一人であげれる数字じゃないからです。

 

 

チームとしてあげなくてはならない数字をそのサロンのトップが

意識していなかったら絶対その数字は良くなることはありません。

 

 

だからこそ 意識しそして上げていかなくてはならないわけですが

こういうブログを書くと

うちの本体のスタッフから 田中のカウンセリングセミナーしてくれ

とか言われるんです。

 

 

でも 田中さん結構外部講師として

よそに派遣させてるので 中々そんな時間ないんですが

あまりにも言われるので ちょっと田中さんとお話ししまして

会社内でのセミナーを考えてもらいました。

 

 

そしたら 本社でやってくれるらしいので

ぜひそれをご利用ください。

 

 

おそらく 人数も絞ると思いますので

早めに参加希望出してねぇー♪

 

今日はそんなこんなのお話です♪

 

5・16 独立セミナー行います。

詳細はこちら

 

最近以前やっておりましたツイッターを復活してみました。

主にお腹減った時にお腹減ったと呟く用です。
誰もかまってくれなくて寂しいので是非フォローしてくださいね 笑

銭丸 哲良
@zenimarudesu

んで最近Facebookなどでフォローしてくれる方がたまにいらっしゃいますが
お気軽に友達申請して下さいねぇー♪
ナニされてる人かよくわからない人以外は基本誰でもどうぞw

こちらにいておりますーーー♪

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク