コモディティ化とフレームの作り込み

>

スポンサードリンク

独立セミナー次回は

6・19に行います。

興味ある方は是非来てみてね♪

詳しくはこちらを

 

こんにちは。ゼニマルです。

今日のアイキャッチ画像は 最近携帯に入ってる画像が

食べ物しかありません・・・・

その中でも最近特に これクッソ美味かったぞおい!!!

っていうやつをアップして見ました。

 

 

美味しそうでしょ?w

 

そんな食べる事ばかり考えているゼニマルですがこんな事がありました。

 

なんか友達に一冊の本を勧められたんですよね。

その本を読むと食事する事が本当に怖くなります。

びっくりするくらい怖くなります、、、

 

 

もう ガクブルです。

ガクブル・・・・・・。

 

 

そんな本に興味ある人は是非読んでみてください。

 

「食品の裏側」って本。

 

 

本当にご飯が食べれなくなってきます。

なのにどうして

 

 

どうして!!!!

 

 

どうして僕は 痩せる事がないのかが不思議・・・・

 

 

食品添加物を知り出すと、なかなか厄介なんです。

食品添加物 決して体にいいものではありませんが

なくてはならないものでもあります。

 

例えば僕も大好きな

「たらこ」

たらこ美味しいよねぇー

 

でもこいつは食品添加物がなければ作れない

食品の代表作でもあるらしい。

そんな話を読めば読むほど 食が怖くなってきますので

是非怖いもの見たさで読んでみてね♪

 

決して読んだ後

ゼニマルを恨んじゃいけないよ!!!!笑

 

 

 

そんな話はさておき。

先日何年かぶりに 「ヤバトリ」の講習会したんですよね。

まずは、トリートメントの施術からやったんですが

ほとんどすでに商品を入れてくださってくれてる方ばかりだったんですが、結構後で言われたのが、

 

 

セミナー受けてから トリートメントの仕上がりが良くなった

みたいな事を言われました。

これ僕も実感するんですけど スタッフが増えたりした時に

なんか 慣れが入ったスタッフさんが 新しいスタッフさんに教えたりすると 結構工程が抜けてたりすることもあるんですよね。

(抜けるというより短縮する?)

 

 

そこをもう一度きちんと 伝えることで

仕上がりが結構変わってきたりします。

そして 結構驚きの声をいただいたのが コストを下げれるように

施術する事で 仕上がりがさらによくなるっていう不思議なお話。

 

まぁ付けすぎだったりとか濃度の問題であったりとかとかとか

 

 

その辺で 皆さんに

行ってよかったなんておっしゃってもらえました。

 

んで その次に

川戸先輩による マーケティングのお話を。

実際先輩のサロンは やばとり導入前から

まぁそこそこ売上もあったし 客単価も高かったんですが

 

 

さらにそこに拍車をかけて

スタッフ数の増加人数以上に 売上が増加するという現象が起きてました

ここは実数を元に出して説明してくれてたんですが

 

まぁ見事に上がってました。。

 

なぜ そうなったのか?

最も最初に来る大切な事は 当たり前だけど みんなここを離れられない

 

「コモディティ化」ってやつ

 

 

コモディティ化ってなんなのか?

簡単に一言で言うのであれば

「昔は価値があったけど今は価値がなくなったもの」

と言えます。

 

 

去年まではお金を払ってでも欲しかったけど

今年はお金を払ってまで欲しくなくなっちゃう。

要するに価値が下がっちゃったものってやつです。

 

 

資産価値が下がると考えてもらえればいいでしょうか?

 

 

僕はこの資産価値というものを本当に気にします

スタッフにも良く伝えます。

 

 

自分自身の資産価値を上げなさいと。

 

自分のお店の資産価値と考えて見てください。

 

誰に対しての資産価値なのか?

例えばサロンをスタッフやお客様ごと誰かに売りたいと考えた時。

これは 決算書から自社の資産価値は出せますので

決算書をいかに綺麗にするかを考えればいいのですが

 

 

サロンの資産価値をお客様から見た時に

高くすると考えた時には 単純に

いかに 高い値段で買ってもらえるか?という事を考えなくてはなりません。

 

(勿論真逆の 低単価だけど

客数がすごいというところもそうなんですが

これは ある程度のスタッフ数と坪数を要する為

今回は省きます)

 

 

どうすればコモディティ化に巻き込まれず

資産価値の高いサロンとしてお客様に認知してもらえるようにするのか?

っていうお話を 先輩が話しされてたのですが

その話と並行して 現在の美容室件数と美容室のターゲント人数の

移り変わりも話ししてもらいまた。

 

 

2016年 日本全国で一日新規オープンするお店が約7件あるらしい・・・・・・

 

 

これってすごい数字ですよね。

それなのに日本人の人口はこれからどんどん減っていきます。

それも地方に行けば行くほど この現象は激しくなる。

 

 

お店は出しても スタッフは集まらない

顧客も増えない(増加より減少が勝ちだす)

こんな時代に片足突っ込み出してるわけですよね

 

 

だからこそ じゃーどうする?

っていう話をされてましたが 本当に

店出して宣伝広告だけしてればなんとかなる時代は

とっくに終わってるわけですよね。

 

 

そして最後にゼニマルより少しお話しさせていただいたのですが

「フレームの作り込み」の重要性ってやつ

 

 

特に2店舗目出したいとか 店舗展開したいなんて思ってる方には

非常に大切なお話だと思います。

美容師さんは このフレームというものを嫌う傾向にある人種だと言えます。

 

 

なんなら僕も嫌いですw

 

 

でもこのフレームを作らないからこそ

店舗展開につまづいてしまう。

 

 

今本部の店長会議に 参加して 店長達とミーティングをしてるんですけどね、僕の担当チームで今一つの事に取り組んでいます

 

 

パーマ比率を30%にしようっていう取り組み。

これはなぜ パーマ比率でしかも30%なのか?って言いますとね

理由はあるんですが 長くなるから省きますね?w

 

 

この中の一つの理由にね

店長にフレームを作らせ落とし込む作業を今してもらってるんです。

ここは毎日毎日 ラインでこの店長達とやりとりしながら

 

 

どうやったのか?何がダメだったのか?ではどうすればいいのか?

っていうPDCAサイクルをずぅぅぅぅぅぅぅぅっと回し続けてます。

 

まだやり出して 1ヶ月くらいですが

当たり前ですけど 数字は上がってきてます。

 

 

ただ 僕は今回この数字はある意味 上がろうが下がろうが

どっちでも良くて それよりも 店長にフレームを作る作業と

落とし込む作業を覚えてもらうという事が自分の中での

最重要課題なんですね。

 

店長たちにとってのPDCAサイクルのゴールは

パーマ比率を30%にする。

僕にとってのPDCAサイクルのゴールは

店長達の マネージメント能力を上げ

店長自身の資産価値を向上さす。

 

 

何年か経った時に 現場に出る以外でも

源泉を作れるようにするという事が課題です。

 

 

これが単純に 勢いで達成できる課題だと

勢いで達成してしまうので意味がありません。

なので 勢いでは絶対に達成できない目標を掲げております。

 

 

結構 毎日これをやりとりするの本当大変なんですよ・・・

でも確実にフレームが作られてきてます。

しかも一人でやるわけではないので 他のメンバーの成功例失敗例を

共有できるわけですから 伸び率が一人でやるのとでは

全然違います。

 

 

何が言いたいとか言いますと

フレームを自分たちで作ってもいいし あるものを使ってもいいけど

とにかく 誰がやっても同じ成果を出せる事がとっても大切になります。

 

そんな話をさせてもらってたんですが

今度八月に2回目のやばとりセミナーを行うようです。

8・7です。

次回は 同じようにトリートメントをするのと

マーケティングのお話。そして次回は

ネットを使った集客をされる予定のようです。

 

 

ヴィテスオンボディーズ

という会社で今何店舗か経営されている

安達さん」にきてもらいまして

SNSなどを使った集客や 撮影スタイルの使い方などなど

実際にお金をあまりかけず集客できた方法などを 語っていただきますので前回来られた方も是非きて見てよねw

 

 

僕も何回か教えてもらいましたが

結構成果が出た内容でしたので 明日からすぐにでも使えると思います。

 

 

参加してみようって方はこちらよりご連絡ください

 

 

 

 

セミナー費は

ヤバトリ導入サロンさんは3千円(追加一人当たり1500円)

以前導入していたけど 最近導入されていないサロンさんは

お一人5000円(追加一人当たり 2500円)

ヤバトリ使った事ない人はお一人 10000円

(追加お一人当たり5000円)

※全て税別となります。

 

 

興味ある方はお気軽にどうぞーーーー♪

 

 

 

 

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク