改めてHPBを閲覧していて気づいた事

>

スポンサードリンク

次回独立セミナーを12・5に行います。

興味ある方は是非来てみてね♪

詳しくはこちらを

11・15 地味かつセミナーします♪

地味かつセミナーIN東京

※詳細&お申し込みはこちらから♪

 

 

アホなブログを書いたら

昨日は意外とアクセスが良かったゼニマルです。

何なんでしょうかね?

みなさんそんなに人の便意事情に興味があるんでしょうか?

 

 

今度また便意に見舞われた際は

報告しようと思われますの乞うご期待よっ!!!

 

 

そしてわたくし昨日はそんなバカなことを書きながら

延々HPBを閲覧しておりました。

何なら今日もしております。

 

 

県外のお友達のHPBをこっそりと見ていたところ

唐突にその友達からラインが入り

 

 

 

本気でビビりました・・・

 

 

うちのお店にこっそり監視カメラでもついてんじゃないだろうか!?

って思わず周りを探しました。

そしてそのお友達に 今ちょうど〇〇さんのとこのHPB見てて

バレたんかおもって焦ったわっていう話をしていたところ

 

 

箇条書きで原稿用紙3枚にまとめて

報告書をあげるように仰せつかわりました   汗

今度 シャンパンでも奢ってもらおうと思います・・・

 

 

いやーでもあれですね。

何ヶ月か前にHPBのセミナーしたんですよね。

ってか僕は司会進行役しただけなんですけどね

 

 

へへへ

 

 

その時に勉強しまして

それからしばらくは色々なサロンのHPB見てたりしててね

ここ最近は全然見てなかったんですがね

 

 

やっぱりすごいよねぇー。

ちょっと見ない間に色々な事がすごく変わってました。

何が変わってたのか?

 

 

前見た時に

HPB対策で気をつけなきゃいけないところってのを

中心に見てたのですが

ちょっとの間に その気をつける(力を入れる)

ところってのが何か変わったような気がします。

 

 

っていうかすごくレベルが上がったような気もしなくもない。

 

 

でもね逆にね

レベル低いとこは

本当レベルが低いままなんだなぁーとも思いましたwww

 

 

この差は埋まる事がないわけですよね。

何ならよりこの差は広まり続けるばかりだと思います。

例えば写真のクオリティー一つ取ってもそうです。

 

 

以前はうまいとこって目立ってたんだけども

最近は全体にうまいサロンがすごく増えたように思います。

まぁいいサロンはどうやっているのかって話は

今度またNGBででも話ししてみようと思うんですが

 

 

今回ブログではちょっと逆の事書いてみようと思います。

 

 

HPBしてるならこれには気をつけろ!!

 

いや本当ねよく聞いたり見たりするんですよ。

HPBは高い金払わされて そんな集客もできひんし

もう辞めたろうか!!みたいな話。

 

でもね その前に本当にしっかりとページ作り込んでいるのか!?

ってのをまずは見たほうがいいと思うんですよ。

 

 

どういうことかと言いますとね

 

誤字脱字チェックしてますか?

 

 

まずそもそも誤字脱字がすんごい多いの。

まぁ僕のブログも誤字脱字だらけなんですけどね?w

マックが勝手にうってるそばから変換しよるから

そのままの事が非常に多いわけですよ(言い訳w

 

 

でもHPBのような公式のもの使ってるのに

それも結構な金額をかけて

 

 

君達本当に中身きちんと確認しとるのかね?

 

って思うサロンがすんごい多いのですよ。

僕も慌てて自分のサロン見直したんですけどね?

 

 

いや本当結構多いですよ。

なんか変に命令形で終わってるとことかw

タメ口かよ!!みたいな終わり方してたりとか

(おそらく字数で勝手にカットされてるのかも?)

 

 

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや

 

 

おまいら ちゃんと確認しろよwwwwwwwwwwwww

 

 

って モニター越しに一人で突っ込んでもうたわw

ってのが何件かありました。

 

 

もうねニヤニヤですよ

ニヤニヤ。

 

 

タメ口かよっっ!!

とか

命令形かよっっっ!!

とか

 

 

なんならうちのNGBのメンバーにもいたんですけどね

何やねんこれ!!!っていうたらね

 

 

いや HPBの担当の人がやってくれるっていうから

任せたままでしたぁー

てへ

 

とか言いやがるわけですよ。

 

オカメみたいな顔してね?

 

てへとか言いやがるんですよ。

 

しばき倒したろかこのクソボケッ!!

って思うんですけどもね

まぁいいんですよ。

 

 

僕が気づいたんでね。

 

 

さすが僕ですよ。

そのサロンの経営者すら見てないところをきちんと見てあげる

この素晴らしき一面。

 

ブッタゼニマルですよもう。

ブッタね。

前も言ったけど

ブタじゃないからね。

 

 

んでね

だいたいHPB見てると気づく事があります。

みなさんも見てくれたらよくわかると思うんですけどね

 

 

売りがあるサロン 売りがないサロン

 

売りが明確になっているのか?いないのか?って事です。

要するにね武器があるのかないのか?って事なんですけどね

 

これね

例えばHPBで地域検索するでしょ?

例えば大阪なら

「梅田美容室」とか「ミナミ美容室」とか

検索するじゃないですか?

 

皆さんも自分の地域入れてやって見てね。

 

んじゃね

あたりまですがプラン順に出てきよりますよね

要はお金いっぱい払ってるサロンが上に来るでしょ?

 

 

そっからね

順に見ていくわけさ。

その時に

「売りがあるサロン」「売りがないサロン」

ってわかるでしょ?

 

普段自分のところしか見ないとね

これがね分かんないのよね。

何でかっていうとね自分の思いがあるからなのよね。

 

 

でもね

その地域(できれば大きな地域選択をする)

で検索して上から見ていくでしょ?

 

 

そしたらね

大きな地域になればなるほど

検索ヒットされるサロン数がメタクソあるわけよ。

 

 

これね

一般の人はそうやって探すわけだわさ。

新規でいく人はね。

 

 

じゃーね

この時に 売りがある 売りがないってのがどうなるのかって事なんだけど 売りが絶対ないといけないのか?

っていう話になるんですけどね

必ずしもそうではないと思うんですよね。

 

 

どういうことかと言いますとね

上位検索されるサロンはその時点で既に

そのサロンが売りになっている

 

っていうことになると思うんですよ。

 

ある程度の金額をHPB側に払って上位にいるわけだから

既に何らかの売りを持っている。

例えば 利便性とかね

駅から近いとか

お店にスタイリストがいっぱいいるとか

なんかめっちゃ店が綺麗とか

 

 

なんかそういう売りがあるわけだから

あえて武器を持つ必要がないわけだす。

もう小規模じゃ持てない売りをそこに持ってるわけだから

 

 

だってスタイル見た時点で

圧倒的にクオリティーに差があるんだもんっ!!!

 

 

ってかさそういうサロンは

わざわざスタジオとかで撮影しなくても

そのサロンで撮影するだけで

十分なロケーションになってるのよっ。

 

 

意味わかりますかね?

分かんなかったらすぐに僕に聞いて来ず

色々HPB見てスタイルを見てみるんだ!!!

 

 

そして 下位に表示されるサロンのスタイルと比べてみるんだ!!

 

 

それ見てももし分かんない!!っていうなら

君には残念ながらセンスというものが備わっていないようだから

すぐに

アマゾンを開いてこれを購入するんだよ!!

 

 

ゼニマルのありがたい壺

 

今なら一つ10万円(税サ別 20%)

 

で、話は戻りますが

問題は次のサロン

 

 

上位検索されないのに売りのないサロン

 

これは非常に危険なことであると言えるであろう・・・・

そもそも下の方までお客さんは探さないわけだし

万が一探してくれたとしても 特に何もないわけだし

そらHPB載せてても来るわけないよお客さん・・・

 

 

って話になっちゃうよね。

 

 

だから 小規模サロンになればなるほど

素人のお客様にしっかりと伝わる明確な売りを

持ちましょう。

 

 

うちは技術にこだわってるからねぇー

っていうのであれば

そのこだわっている技術をどうやったら

明確に打ち出せるのか考えてみよう!!

 

 

でもね

ここでもやはり 上位検索サロンは

すごいんよ・・・

 

なんとかアワード出場とかね

何とかコンテストで優勝とかね

ヘアーショーがとかね

雑誌掲載とかね

 

 

書いてんですよ。

美容師さんから見てそれは凄い事なのかどうなのかは知りませんよ?

でも一般の人から見た時にどうそれがうつるのか?だと思います。

 

 

だったら技術を売りにするなら

せめてそういうことを打ち出すのか?

それともそんなサロンに勝てる圧倒的勝者クオリティーで

撮影した自分のカットスタイルやパーマスタイルを打ち出すのか!?

 

 

ってなって来るけど

もうそこでは基本絶対に勝てないと思う・・・

いや。やっぱ無理ですよ。

 

 

だって見たらわかると思うけど

ここ半年でも本当にうまいサロンが圧倒的に増え

そこに投資しなかったサロンは

やはりロークオリティーのままなんですよ・・・・辛

 

 

ならどうするのか?

明確な売りを作るしかないわけです。

それも大手が手を出さないような売り。

 

 

そしてその売りをきちんと

打ち出しましょうね?

 

 

縮毛矯正押しサロンなのに

矯正の写真より

なんか巻いたようなスタイルを載せてたり

カラーの写真を載せてたりすると

全く何のこっちゃ分かんないからね!!!!

 

 

実際本当そういうサロンいっぱいあったからね!!!w

 

 

まぁみなさんも気をつけてねっていうお話ですねん☆

 

 

 

 

最近以前やっておりましたツイッターを復活してみました。

主にお腹減った時にお腹減ったと呟く用です。
誰もかまってくれなくて寂しいので是非フォローしてくださいね 笑

銭丸 哲良
@zenimarudesu

んで最近Facebookなどでフォローしてくれる方がたまにいらっしゃいますが
お気軽に友達申請して下さいねぇー♪
ナニされてる人かよくわからない人以外は基本誰でもどうぞw

こちらにいておりますーーー♪

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク