スタイリストデビュー何年が適正なのか?悩

>

スポンサードリンク

次回独立セミナーを8・15に行います。

興味ある方は是非来てみてね♪

詳しくはこちらを

※残り枠1名様となりました。

 

 

どうも。

ゼニマルです。

最近ブログ書いてないなぁーなんて思いながら

どうしても書けず見て見ぬ振りをしておりました。

 

 

 

どうやら 暑さと寒さのせいのようです・・・

ここ最近外でたら暑すぎるし

店内とか入ると寒すぎたりするし

 

 

体おかしなるわ!!!!

 

 

って感じです・・

どうも体調がすぐれない

皆様もお気をつけくださいませ。

 

 

最近というか前からずっと思ってることがあるのですが

ここ何年間の流れ?とでもいいましょうか。

 

 

 

いかにスタイリストデビューを早くさせれるのか?

 

 

みたいなのが一つの売りになる(新卒採用の)

みたいな感じがあるじゃないですか。

 

 

これは以前の美容業界の体質だと

デビューするまで4年とかかけてすることにより

その間投資金額が長いということと

デビューが遅いことにより

新卒採用がかかりにくくなってくる風潮があるという

そんなこんなの理由から

早くデビューさせれる仕組みを作っちゃえって感じだと思うのですが

 

 

それって実際どうなんだろ?

なんてことをやはり思ったりするわけです。

 

 

 

実際に早くデビューする事と時間をかけてデビューするので指名のつき方は変わるのか?

 

 

この悩みが常に頭の中にあると思うんですよね。

 

 

実際どうなのか?

これは検証しようがないのでなんとも言えませんが

僕の個人的見解はできれば時間をかけてスタイリストに

させてあげたいというのがあります。

 

 

これは単純に早くデビューさせることにより

そこに比例して自身の価値観を上げさせてあげるということが

できないって思うからなんですよね。

僕的には

 

 

価値観が追いつかないと

結果何が変わるのか?

 

 

単純に客単価が変わると思ってます

 

 

価値観と客単価は間違いなく比例すると思ってます。

 

 

でもスタイリストとして年齢を重ねていくに比例して

価値観上げさせていけばいいじゃんって話になるかもだけど

僕は 安い仕事をした人は

 

 

確実にそのくせは取れないって思うんですよね。

 

 

仕事が雑だったり

お客様に対しての捉え方が自分よがりだったり

 

 

客単価ってのは

どういう仕事ができるから安い高いではなく

誰を相手に仕事しているかで変わるもんだと思うんですよね。

 

 

 

だからこそ

デビューする期間をできるだけ

伸ばしたいというのは

そこを覚えてからデビューしてほしいって思うんですよ。

 

 

でもそれだと

ずっと給料が上がらないとか

担当を持てないとかって話になっちゃうんですが

 

 

 

そこの認識を変えていかなきゃななんて思ってます。

 

 

アシスタントでも

給料が稼げる仕組みを作んなきゃなぁーって思うんですよ。

そもそもアシスタントって名前を無くさなきゃいけないのかもしれないですよね。

 

 

そんなことを考えながら

ぼえーっとスタッフの仕事を眺めてるのですが

これからどういう道に進むのか?

 

 

どうなりたいのか?

 

 

スタッフともたくさん話をしなきゃななんて思いますですよ。

 

 

そんなこんなのお話ですねん♪

 

 

 

 

最近以前やっておりましたツイッターを復活してみました。

主にお腹減った時にお腹減ったと呟く用です。
誰もかまってくれなくて寂しいので是非フォローしてくださいね 笑

銭丸 哲良
@zenimarudesu

んで最近Facebookなどでフォローしてくれる方がたまにいらっしゃいますが
お気軽に友達申請して下さいねぇー♪
ナニされてる人かよくわからない人以外は基本誰でもどうぞw

こちらにいておりますーーー♪

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク