プランニングを考える

>

スポンサードリンク

次回独立セミナーを12・5に行います。

興味ある方は是非来てみてね♪

詳しくはこちらを

11・15 地味かつセミナーします♪

地味かつセミナーIN東京

※詳細&お申し込みはこちらから♪

 

 

どうも

ゼニマルです。

わたくしよく本を読んでた方なのですが

最近は読む本が変わって参りました。

 

 

なぜか 昔の本を読むんでます・・・

太宰治とか宮沢賢治とかその辺の人らの

 

 

なんか経営本とか読んでるとですね

ある程度読むと

何読んでも結局同じ事が書いてある事が多いんですよ。

 

 

結局言う事は最後同じになる

なんて思いまして

 

 

だから読むのやめてたんですよね。

 

 

んでそんな日々を過ごしていたところ

先日香里園でお知り合いに

久々に香里園いるのでよかったら飲みませんか?

って誘っていただきましてね

8名くらい集まるという事でして

そこに出向こうと思ったら

ちょっと早めに時間が空きまして

その前にちょっと話聞きたい事がたくさんあったので(その人に

 

 

もし時間あれば先飲みませんか?という話になり

1時間ほど早く飲んだんですよ

二人で。

 

 

その方は

ご自身でいくつか会社も持っており

結構収入も高い方なんですが

 

 

クソほど仕事する人なんですよ。

 

 

で、最近の僕の悩みをちょっと打ち明けてみたんですよね

 

 

するとやはり仕事ができる人はすごいですねぇーw

 

 

見事に僕をコーチングしてくれ

僕の悩みに答えてくれましたwwww

 

 

それ以来僕はその方を

人生の師匠と勝手に心の中で呼ぶようにしているのですが

 

 

その人生の師匠が先日

フェイスブックで一冊の本を紹介されていたんですよ。

経営本なんですけどね

 

 

んでそれを早速頼んでみたところ

すぐ届いたんですがね

 

 

なんか本が分厚いのwwww

 

 

そしてハードカバーです。

 

 

僕ハードカバーの本読みにくいから普段はあまり

買わないようにしているんですが

人生の師匠がオススメする本なら読まなくはならないと思い

 

 

早速写真を撮って

まずは報告しました。

 

本買いました!!!

とできる弟子を装ってみたところ

 

 

えー

僕のあげたのに

 

 

って言われました・・・・辛

 

 

 

しかし僕の本に対しての美学というものがあります。

 

 

本は自分で買わなきゃ駄目っていう美学

 

 

これは軽くよく小説とかなら別にいいんでしょうけど

勉強する為のものは

なんか人からもらった本ってあまり真剣に読めないんですよね。

 

 

ですのでこれはこれでよかったと自分に言い聞かせます。

 

 

そして軽くだけ何ページか読んでみたのですが

いきなり面白い事が書いていたので

今日はその話をちょっと美容業界に置き換えて

考えてみたいなと思いブログを書いてみました。

 

プランニング

 

自社の売り上げを上げていく

そしてでた利益を次に投資していく

これは事業としての普通のやり方だと思うのですが

 

 

この利益を上げるという結果を出す為に仕組みを作り

色々なことを考えそして実践するわけですよね。

 

 

例えば僕たちがよく宣伝している

ヤバトリってやつをどういう仕組みなのかを考えた時に

 

トリートメントというもので

集客をする

そのトリートメントを目的に来てくれるお客様を集客する

 

 

これだけで終わってしまうと

一度は来てくれる人はいるかもしれませんが

2回目3回目の再来がなくなるわけです。

 

 

では この2回目3回目という再来を促す為に

どうするのか?

ここに 接触回数を増やすという考えが入り

 

いかに次来店しやすい流れを作るのか?

そして最も大切な事。

 

 

トリートメントをする理由を明確化させる

 

という事が入って来ます。

 

 

で、これを単にやってしまうと

ただの押し付けになってしまうので

これを押し付けにしない為に

とあるキーマンが必要になります。

 

 

このキーマンを教育していく事で

結果美容師さんがアシスタントからスタイリストになった時に

最もつまずくであろう カウンセリング 

というものが強化されて来ます。

 

要するに集客と再来というものにさらに

教育というものが織り込まれてくる

 

 

一石三鳥って感じですね。

 

これが何もプランニングがないサロンがやると

 

HPBなどで集客する(クーポンで釣る)

お客様を施術する

結果再来するのは

そのサロンの新規再来率のみに委ねる

 

 

要するに

一つのプランニングの中に

集客というものしか入りません。

 

ただし

これはスタイリストにお客様をつける為にやっている事だから

集客と教育が入ってるじゃないか!!

って言われるかもしれませんが

 

 

これはそのスタッフからしてみれば

ここのサロンで働くことは

スタイリストとして能力をつける為の修行

という感覚になりやすいわけです。

 

 

その子に一生懸命技術を教えて接客を教えてカウンセリングを教えて

頑張ってお客様に入客させてあげて

 

 

ある程度そのスタイリストに力がついて来た時に

 

 

他のサロンに移られてしまう

もしくは

独立を考えられてしまう

 

そしてやめたスタイリストに対してこういう感情を持つようになる

 

 

せっかく育ててやったのになんて恩知らずなやつだ!!!

 

 

という感情。

 

 

 

でも話を遡れば

そのオーナーも同じようにして独立したはずなんですよねw

 

 

じゃーなぜこうなってしまうのか?という事を思考しなくてはならない。

 

 

スタッフにとって

そのサロンで働くことは目的ではなく

手段だったという事なんです。

 

 

とにかく集客して

スタッフを成長さそうというプランニングは

短期プランニングになるって事なんだと思うんですね。

 

 

手段を目的にした結果がここに繋がっていくという事なんだと思います。

 

 

じゃー短期プランニングがダメなのか?

というとダメなわけでもない

 

長期プランニングを作ればいいのか?

というとそれも正解でない気がする。

 

短気プランニング?長期プランニング?

 

僕たちの世界は

どちらのプランニングが必要なのか?と考えると

各分野において

短期中期長期のプランニングに分けて

考えなくてはならないという事なんだと思うんですよ。

 

 

ゼニマル的見解としては。

 

 

きちんとプランを立てて

正しいアプローチを行なっていくという事が非常に大切になると思います。

 

 

そのプランを立てる時に

これは

短期なのか?

中期なのか?

長期なのか?

 

 

って事を考えそして

そのプランにとってどのアプローチが正しいアプローチなのかを

しっかりと考えなくてはいけないだと思うのですよね。

 

 

本の中にも書いてありましたが

ソフトウエアーの開発の会社と

新しい薬を開発する会社では

 

短期と長期に分かれますよね?

 

 

ソフトウエアーは早く作って早く売らないと

すぐに似たようなものが出て来たり

もしくはもっといいものが世にでる可能性が高い

 

 

薬なんかを作る会社は

何年も研究と試験を繰り返し

やらなくてはならないわけだから

何十年後に初めて商品になる事だってあるわけです。

 

 

うちで販売している育毛剤なんかは

10年研究したらしい・・・長

 

 

ただぼくらの業界はこれらを見定めずに

昔から習って来た事をそのまま続けているに等しいサロンが

たくさんあるわけです。

 

 

じゃーどう考えるのか?

ヤバトリなんかで考えてみると

僕はこれは

中期プランニングになると思ってるんです。

 

 

ある程度これをしっかりやっていれば

なんとかやっていける期間というのがあると思うんですね。

ただしこればかりをしていても必ず詰まって来る時がくる。

 

 

やっている側の美容師さんに

限りが出て来ます。

 

 

もっとデザインをやりたいとかいう人が必ず出てくるし

男性美容師さんだと

ハマりきれない人も必ず出てくる。

 

 

こうなるとどうすべきなのか?

もう一つの中期計画が必要になってくるはずです。

 

 

トリートメントやスパを

ケアとして考えるなら

必ず 逆の位置付けに存在する

デザインという分野が入って来ます。

 

 

これ逆に考えてもありだと思います。

 

 

デザイン重視でやっているサロンはいつか

詰まるわけです。

自分だって年をとる

そして当たり前ですがお客様だって年をとる。

 

その時にデザイン重視でやっていると

詰まってくるわけだから必ず

ケアーという分野に手を出します。

 

 

トリートメントだったりスパだったり

 

 

 

このどちらの分野でもいいのですが

しっかりとしたプランニングがあり

それに対しての正しいアプローチを知っているサロンなら

 

 

真逆の事を取り入れても必ず

成功するんだと思うのですが

これがないサロンが非常に怖い。

 

 

プランニングもなく

あるのはなんかやってみようというアバウトなアプローチ方法のみ

 

 

結果

短期プランニングで終了してしまうという事になります。

 

 

だからこそ

プランニングを作り込むという事とそして

正しいアプローチ方法を知るという事が大切になってくるわけですよね。

 

 

 

じゃーもう一つ残っている

長期プランニングはなんなのよ?

って事になるんですが

これは長くなって来たのでまた次回に。

 

 

その時に僕の興味が違うものに移っていると

違う話になります。

 

 

 

なんてったって

短期ゼニマルですからね!!!!!!

 

短気ではない・・・

 

 

そんなこんなのお話ですねん☆

 

 

最近以前やっておりましたツイッターを復活してみました。

主にお腹減った時にお腹減ったと呟く用です。
誰もかまってくれなくて寂しいので是非フォローしてくださいね 笑

銭丸 哲良
@zenimarudesu

んで最近Facebookなどでフォローしてくれる方がたまにいらっしゃいますが
お気軽に友達申請して下さいねぇー♪
ナニされてる人かよくわからない人以外は基本誰でもどうぞw

こちらにいておりますーーー♪

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク