再来率追っかけてますか?っていうお話

>

スポンサードリンク

 

はい。どうも。

ゼニやんです。

アメブロ更新いたしました。

今日はお店オープンするならどの時期がいいのか?について書いてみましたの。

独立前の人なんかは是非読んでみてねー♪

 

しかし暑い・・・・・・

シャツを着てジャケット着てお家を出て2分歩いて

こりゃ無理だと諦め着替えました   照

 

 

 

3分しか外に出てないのに

それも朝に

おうち戻ったら汗だくでした。。。

 

 

ときさんと違って

このまま細まるになってしまいそうです。。。

 

 

アメブロにも書いたのですが

美容室において結構大切な数字の一つに

再来率ってのがあると思うのですが

 

 

マンツーサロンの人なんかは別に気にしなくてもいい数字なのかもしれませんけど(そら再来率がいいからって意味ですよ)

スタッフを抱えて営業されてるサロンさんなんかになると

 

 

この再来率ってのは非常に大切になると思います。

 

 

でも意外と

再来率きちんと出してないサロンさんが多いんですよね。

 

 

この再来率ってのは

本当に大切で 美容師さんの能力を見極めるのに

一番わかりやすい数字だと思うんですよね。

 

 

1ヶ月再来

2ヶ月再来

3ヶ月再来

とか

新規再来とか固定再来とか何回目再来とか

メニュー別再来とか色々出せると思うのですが

この数字を元に教育を考えないといけなくなると思うんですよ。

 

 

 

でも 技術を元に見てしまったり

接客を元にそのスタイリストを判断してしまったりすると

そのお店のトップの判断基準に全て委ねられてしまうということになります。

 

 

いつまでも自分の感性が当たっていればいいのですが

そこは人間

悲しいお話ですが いつか落ちていきます・・・

 

 

でも 自分の目を信じすぎてしまうと

その時の自分を超える人間が出てきてしまった時に

受け入れれなくなる傾向にあるわけですよね。

 

 

感覚って勿論大切ですが数値で判断していれば

いつでも同じ目線で判断ができるという事になります。

数学的目線で仮説を立てなきゃいけないわけですよね。

 

 

数値から仮説を立てる。

 

 

これが本当に大切になると思います。

 

 

決して感情から(感覚)入らない。

 

 

そのための判断基準の一つが再来率になると思います。

 

 

自店では来店サイクルを短縮することを今のテーマにおいて

営業してる(仮に)とします。

 

 

そしてそれが実際にどうなっているのか?ってのを追っかけようと思うと

お店の1ヶ月2ヶ月再来を追っかけていかなくてはならなくなります。

 

テーマを掲げて

数値で追っかけていき

ダメなら手段を考え直すというサイクルを作り上げることが大切なんですが

これが 感覚や感情から入ると

 

 

いつしか 自分の考えた方法が一番だと錯覚してしまい

その後が負えなくなっちゃうんですよね。

 

 

だからこそキチンとした判断基準(数値)ってのを持ちましょうねぇーっていうお話でした♪

 

5・16の独立セミナー

定員となりましたので締めさせていただきます。

次回は6・20に行いますので

興味のある人は来てみてね♪

6・20 独立セミナー行います。

詳細はこちら

最近以前やっておりましたツイッターを復活してみました。

主にお腹減った時にお腹減ったと呟く用です。
誰もかまってくれなくて寂しいので是非フォローしてくださいね 笑

銭丸 哲良
@zenimarudesu

んで最近Facebookなどでフォローしてくれる方がたまにいらっしゃいますが
お気軽に友達申請して下さいねぇー♪
ナニされてる人かよくわからない人以外は基本誰でもどうぞw

こちらにいておりますーーー♪

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク