美容室独立失敗しない為に【明確な売りを持つ】 あなたの武器はなんですか?

>

次回の独立セミナー2・19にやります。

※定員となりました

 

手荒れにお悩みの方にオススメ手荒れシート「テアレズ」

スポンサードリンク

こんにちは。ゼニマルです。

最近独立サポートがラッシュで入って来ております。

なんかバタバタが続く今日この頃。だれに何を伝えたか分からなくなり同じ人に何度か同じ事を言うという現象に苛まされております・・・・

 

そして花粉ラッシュも始まりました。毎日飲まなきゃと思いながらも飲むのを忘れる乳酸菌・・・

 

誰か記憶力良くなるお薬くれませんかね?

 

そんな独立サポートが続いている中 独立をするのにまずはここを気をつけろ!!ってな事があるのでちょいと書いておきます。今現在美容室って皆さんご存じだと思うのですが どんどん増えております。どんどんどんどん増えてるんだとか。。

 

 

増殖中です。ずんずんずんずん増殖中です。

10年前と比べて美容室の数は増えているのですが、美容業界全体の売り上げは減っているんだとか。なぜ美容室件数が増えて 美容室全体の売り上げは減るのか?様々な理由が考えられます。人口減少であったりも一つですよね。先日もとあるメーカーさんが僕が住んでいる地域の人口データーをくれました。

 

 

そのデーターによると 僕が在住する地域では5年前に比べ人口が2%ほど減少しておりました。その中でも年齢別データーによると 近畿地方と大阪府の平均と比較すると 若者世代はその地域より減っていて60代以上人口はその地域と比較すると増えておりました。

 

働く世代が減り 年金生活に入る人口が他エリアより比べて増えているんだとか・・・怖たんですよね。これをどうにかしようってのは僕たちには無理な話なんですが、ここから考えていくとですね、美容室の売り上げも当たり前ですが去年と同じことしていても 自然と売り上げは年々減っていくということになります。

 

 

それ以外にもパーマ離れや色々あると思うのですが 最も売り上げが下がる原因としてはやはり 美容室の増加によるコモディティ化が一番だろうなと。隣の美容室との差別化ができないから 値段を下げるしか集客する方法がないという結果に陥るわけです。

 

それも集客する方法が年々変わります。昔はチラシ配ったり折込チラシしたりがメインでしたが

いつしかHPBなどのポータルサイトが台頭したかと思えば SNSなどがどんどん力をつけ個人能力が求められる時代へと突入。

 

 

ここについていけない美容師さんは完全に時代に取り残されるようになり 結果「安売り」をするという選択肢しか選べなくなるという現実でございます。自分のお客様をがっつりつけている人はそんなものなくてもいけるんでしょうけど 人を雇用した瞬間その選択肢を選ぶしかなくなるわけです。

 

望まぬ選択肢

 

強制的に自分が望まぬ選択を選ばなくてはならないという現実。本来独立をされる方は希望を胸に抱き独立を選択すると思うのです。自分の力を試したいなどなど。でも何も考えないまま独立という世界にダイブした瞬間 他店との違いをわかりやすく打ち出せなかった瞬間 集客がかからないという現実を目の当たりにし そして望まぬ低単価での集客をしなくてはなくなり、気がつけば朝早くから夜遅くまで働き 一ヶ月を終えてみると働いたわりに手元に現金がないという状況に陥ります

 

こんな筈じゃなかった・・・・ってなっちゃうわけですね。

 

ではそうならない為に大切な事。自店の売りは何なのか?自店の強みは何なのか?ってな事を明確にしなくてはいけません。

武器を持つ

 

という表現をよくするんですけども、わかりやすい武器が必要になるわけですよね。自分の強みって何なんだろう?って考えた時にそれがカットやカラーやパーマだとなかなか 隣の美容室との違いっていうのがわかりにくくてですね、結果スタイル写真で差をつけるのか?料金で差別化するのか?くらいの方法くらいになってきちゃう。

 

トップスタイリストとかならいいかもですが デビューしたてのスタイリストとかになると なかなか大変。んじゃ今度は最近流行りの エイジングメニューでも売りにしようとして トリートメントとかスパを武器にって考えても あまり力入れてなかったメニューだったりすると いざ売り出そうとしてもそれこそありきたりのメニューしか出てこなかったりする。

 

 

トリートメントは3段階くらいの料金メニュー作って だいたい真ん中選ぶ人が多いからそのメニューを増やそうみたいな。手入れしやすい髪質作りとか 健康な髪の毛は頭皮からみたいな打ち出ししか出てこず結果 そのメニューは一回はしてもらえてもリピートまでしないメニューになったりしちゃう。

 

そうならない為に 雇用されている間にしっかりとした自分の強みを作り それが自分だけができるものではなく スタッフに何ヶ月か教えたらできるくらいの強みと打ち出し方が非常に大切になります。

 

新規集客は年々難しくなって来ている

 

独立を考えるとか独立しないとかは別にして 雇用されている間に自分でしっかりと集客ができる美容師になっておかないとどの道 安売りしかできない美容師になっちゃいます。

 

しっかりと自分の強み、弱みを理解し 強みを強化する為に今何をするべきか考え 学び行動していく事をお勧めします。

独立してから頑張るでは本当遅いですからね!!!!

 

今日はそんなお話でございました♪

 

 

 

 

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク