父さん事件です!!ゼニマルの事件簿【広畑編】

>

次回の独立セミナー2・19にやります。

※定員となりました

 

手荒れにお悩みの方にオススメ手荒れシート「テアレズ」

スポンサードリンク

 

先日の事ですがNYNYに新しいお店ができましたのです。

新店なんで見に行く事に。行った事のない地域でしたので行く前にGoogleマップにてどうやって行くのかを確認します。するとこんな感じで出ました。

 

京阪電車で京橋まで行きます。

JRに乗り換えて大阪駅まで向かい

 

明石駅で山陽電車とやらに乗り換え飾磨駅というところで普通電車に乗り換え そこから夢前川駅というところに行くらしい・・・・

 

これが本来の行き方らしいのですが これ行くときに調べるとJRに何かがあったらしく大幅な遅れと出ておりました・・悩

また電車で閉じ込められると。急にトイレに行きたくなったら困ると思い、違う行き方を模索して見たところ姫路駅まで新幹線で行き そして姫路駅から山陽電鉄に乗り換え飾磨駅で普通電車に乗り換え夢前川駅まで向かうというプランです。

 

まさかの新幹線ですよ・・・

 

仕方ありません。電車に閉じ込められトイレを我慢するくらいなら新幹線を選択せざるを得ませんので 新大阪駅まで向かい新幹線に乗り 姫路まで向かう事と致しました。

 

そして姫路駅で山陽電鉄とやらを探したのですが 全くわかりません。遠くに姫路城が見えるだけで山陽電鉄は一向に現れません。ぐるぐるぐるぐ姫路の駅前を歩きます。

 

 

一向に現れません・・・・

 

すると向こうの方に山陽電鉄って書いてあるのが ちらっと見えだしました。胸に希望を抱き 進みます。そして書いてあった方に着くと

 

全く駅らしきものが見当たりません・・・・

 

仕方がないのでその辺りをぐるぐるぐるぐる歩いてみます。でも一向に駅らしきものは見当たりません。せっかく新幹線に乗って時間短縮したにもかかわらず 大きくタイムロスです・・思わずゼニマルは呟きます。

 

この時点で帰ろうかなって思いが頭によぎりだしました・・・

 

すると小さく山陽電鉄って書いてある看板というか何というかなんか書いてあるやつを発見したわけです。急いでその看板というか何というかよくわからないところに向かいます。

そこには小さなエレベーターが一機あるだけです。このエレベーターに乗れば山陽電鉄なる電車に乗れるのであろうか?しかし駅に直結するエレベーターなら 山陽電鉄ホームとか何とか書いてありそうな気がするのですが 全くもって何も書いてありません・・・・

何の説明がきもなく そのエレベーターはただただ そこに座しているだけなのです・・・

行き先も何も書いていない エレベーター。勇気を出して乗り込んでみます。すると行き先を押すボタンが2つ。1階と2階とだけ書いてあります。ここにも何の説明もなく ただただ1階と2階とだけ書いてあります。

 

このエレベーターが本当に山陽電鉄につながる唯一の通路なのだとしたら あまりにも初心者にはわかり辛い 唯一の連絡通路という事になるんでしょう・・・・そして僕は2階のボタンを押し 2階へ進みました。

 

2階へ到着し エレベーターを恐る恐る出ると目の前にはなんと!?

おそらく以前喫茶店だったんだろうなぁーという今は誰もそこで珈琲をたてる事もなく飲む人もいない 無人のスペースがただただ静かに 佇んでいます・・・・

 

 

その空間を横目にいざ進もうとしたのですが ここにも何も書いておりません・・・・僕に用意された選択肢は二つ

 

  1. 右に曲がるのか?
  2. 左に曲がるのか?

 

この決断がまさかあんな結末につながるなんてその時の僕には知る由もなかったのだった・・・

 

僕は意を決して左に曲がるという選択をしたところ、

何と左は行き止まりだったんです・・・・まさかこんな所に行き止まりがあるなんて

 

 

山陽電鉄初心者の僕にわかるはずもありません・・・・仕方なく逆の方向に進みました。するとなんか駅っぽいものが見えてきます。どうやら僕はこの過酷な旅の終着点に近づいてきたようです。香里園からやっとこの目的地とも言える山陽電鉄に着くことができたんです。

感動のあまり僕は感極まって、とりあえずトイレに向かいます。駅の中にトイレあるかな?と思い改札の外からみるとトイレの案内も書いてないし どうやらトイレがなさそうでした・・・これは困ったと思い 周りを見渡すと駅と直結しているデパートのようなものがあります。

 

その中にトイレがあるだろうと思い 中に入りぐるぐるぐるぐる歩いてみたところ トイレと書いている案内もありません。しかし僕は今回の旅で一つわかったことがあります。

姫路という地域には恐らく案内用の看板を出すという風習がない地域だという事実に気づいてしまったのです。

だからきっと この建物内にもトイレの案内が書いていないだけなんだろうと。わかってますよ。僕はもう姫路初心者ではありません。立派に姫路という街を無駄にぐるぐるぐるぐる歩き そして姫路に慣れ親しんだ男になりました。

だいたい姫路の事なら何でもわかるようになりましたのでね、この建物内も端から端まで歩けば どこかにトイレが隠してあるんだという事を知ってるんですよね。そして僕はその建物の中を隅から隅まで歩いてみたところ一つの事実に気がつきました。

どうやらこのフロアーにはトイレがなかったようです・・・

仕方がないので駅まで戻り駅員さんに聞いてみました。トイレありますか?って すると優しい笑顔で駅員さんはこう答えてくれたんです。

「改札入ってもらうと右手にありますよ」と。さっき見た時トイレとか何も見えなかったけど!?と思いながらも その駅員さんの言葉を信じ 中に入ってみると確かにそこにはトイレがそびえ立ってたっんです・・・でもやっぱり僕が睨んだ通り、トイレを案内する看板というか何というか的なやつはなかったんです!!!!

 

そして無事用を足し 乗らなくてはならない電車が止まっていたのでその電車に向かいます。すると僕の目の前に飛び込んできた光景に僕は愕然としました・・・

何が起こったのか!?止まっている電車の中に人が乗ってるんですけどね、何と!!!!!!!

ドアがどこも空いてないんです・・・

完全に電車が密室になってるわけですよ!!!これ完全犯罪ですよ!!!ドアがしまっているのに中には人がいる。それもこの電車は僕がトイレに行く前から止まっていたので、もうこの電車の中の人たちはすでに数分電車の中にいるわけなんです!!!

僕は愕然とし、何とか中の人たちを助けなくては!!という使命感に燃えた時、さらなる事件は起こります・・・車掌さんがですね、すっと歩いてきて僕の目の前にきたかと思えばなんか電車を触るんです。するとですねドアが開いたんです・・・・

 

こんなやつ

どうやらこの地域では電車に乗るときは自分でドアを開けたり閉めたりしなくてはいけなかったようなんです・・・・・

こんな衝撃体験初めてです・・・姫路という街はなんてエキサイティングな街なんだと、、、

 

そんなエキサイティング体験をしたゼニマルは無事乗り換えを済まし お店に向かいました。今回のサロンはメガドンキの中にあります。駅からもすぐ見えるくらい大きな商業施設です。

これなら例え姫路という街が案内の看板出していなくも無事たどり着けます。頑張って向かいます。

メガドンキの入り口。そして店内は凄くひろいので、またもや店がどこにあるかわからないので ぐるぐるぐるぐる歩きます。そこでこんな看板を見つけました・・

焼肉を食べたい・・・ランチ営業時間は15時まで。でもいまの時間は14時30分。焼肉を食べるなら今しかない・・・でも今ここで焼肉を食べてしまうと 僕は完全にここまできた理由を忘れてしまい、満足してお店を見る事なく帰ってしまうだろうと思い、断腸の思いで焼肉店を泣く泣く後にしました・・・

 

そしてほぼ一周したんじゃないか?というくらい歩いてやっとこさお店を発見しました。

いやー無事たどり着けて本当よかったです。お店に行くとFCオーナーのたかしくんが居たので 二人で店内をぐるっと見させてもらって、スタッフさんとも色々お話をして時計を見たら焼肉ランチが終わる10分前です。

 

これは急げば何とかなるのではないか!?と思い、向かってみると綺麗な店員さんが 笑顔でいれてくれた訳です。

そして僕ははらみ焼肉定食を頼もうとしたのですが、はらみ焼肉定食には2種類あり100gと200gがありました。もちろん迷う事なく 200gを頼みます。

 

いやー美味しかったです。そんなこんなの往復4時間の旅でございました。

 

皆様も夢前川駅まで行く時は 是非お店にお寄りくださいませ♪

 

 

 

 

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク