【儲かる】美容室独立方法 「独立が頭をよぎったら考えるべきお金の話」

>

次回の独立セミナー9/3にやります。

手荒れにお悩みの方にオススメ手荒れシート「テアレズ」

※取り扱い代理店に「キクヤ美粧堂」さんが増えました

スポンサードリンク

ドラマを見つくしてしまい見るものがなくなり昨日はドラゴンボールの映画を2本見てしまうという暴挙に出てしまったゼニマルです。ドラゴンボールはやはり面白かった・・・・

今日は朝から旅行に行くならどこに行く?という話できゃっきゃしていたのですが僕あまり旅行に行くという事に興味が持てない人間です。さっきもニューヨーク行きたいよねぇーとかスイス行きたいよねぇーとか行くなら飛行機?船?なんて話をしてたんですけど、僕は飛行機の移動で2時間が限界です。。。国内旅行しか無理!!!って感じです。

 

でも確かに以前ニューヨークに行った時の夜景はきれかった・・・

 

そんな思い出に浸りながら本日のブログですけん。


結果独立するにしろしないにしろ。独立が頭をよぎったらまずはこれをしよう!!

将来の目標が特になく 何と無く日々を美容師として頑張っていた時にふと将来に不安を感じこのままじゃ俺の将来どうなんだ!?と思った時に美容師なら誰しもが頭をよぎる言葉「独立」結果的に独立をするという選択肢。独立をしないという選択肢。どちらを選んでも正解でも失敗でもありません。ただひょっとしたら何年か後に独立をする可能性はあるわけなのでこの時に必ず真っ先に取り組んだほうがいい事があります。何か?

 

貯金しましょう。

っていう事。これには何点か理由がある。

  • 自己資金では独立できる人なんてほぼいない
  • お金の勉強をする
  • 融資を受ける
  • お金の流れを把握する

などなど。居抜きはちょっと置いておいたとして実際お店を出すのにどれくらいのお金がかかるのかって考えると、ピンキリではありますが1000万円くらいはだいたいかかります。規模がでかくなったり出店エリアがいいところになるともっとかかって来ます。なのでまずは融資を受ける為に自己資金を貯めなくてはいけません。貯金をするという事は後々色々と役に立って来ますので独立という考えが頭をよぎった時はいい機会です。是非今まで貯金をした事ない人はトライしてみましょう♪


貯金をしながら折角だからお金の勉強をしてみよう♪

お金って貯めるの難しいのに使うの簡単じゃないですか?僕は何も考えずによく使ってしまいますwでもこれが非常に良くなかったりします。よほど毎月稼げる人ならいいんだと思いますが、そんな人は一握りです。そうではない大勢の人は(僕含め)しっかりとお金の管理ができなくてはいけません。まずざっくりとですがお金の使い方には3つの使い方があるという事を覚えましょう。簡単です。

 

  1. 投資

  2. 消費

  3. 浪費

お金の使い方は主にこの3つ。では今月から貯金してみようぜぇ!って思ったら早速トライしてみます。まずはお金の流れを追いかけてみよう!ってやつ。結構面倒ですが例えば毎月25万円の手取りがあったとしましょう。毎日お金を使う場面ありますよね?これをノートに書いて見る。1日が終わり自分が使ったお金を思い出すかレシートを広げながら書き出しましょう。例えばお昼ご飯に何円とか交通費がいくらとかとかとか。その横にこのお金は投資なのか?消費なのか?浪費なのか?という意味で 投 消 浪 とそれぞれ書き込み、最後にそれぞれの合計をまとめてみましょう。この時に投資は未来にお金となって返ってくる可能性の高いも。例えば本を買ったとかセミナーに行ったとか。消費は生きて行く上で使わないといけないやつ。ご飯とか交通費とか。浪費は無駄使いってやつ。お昼ご飯五百円で買えるけど今日は贅沢して二千円のランチしたとか、電車で行けるけどタクシー乗ったとか。です

これらを追う事でわかると思うのですが、なんかお金毎月残らないなぁーなんて人は結構浪費がでかかったり消費が浪費になってる事が多かったりします。浪費を0にするとストレスが半端なくたまる可能性が高くなるので0にする事はおそらく無理でしょうし、僕たちの仕事はそこにお金を使わなくなると売れない美容師になる可能性も高いので0にしましょう!!っていう話ではなく減らせる浪費は減らしていきましょうっていう事ですね。

 

長くなって来たので続きます。次回は融資のお話を

 

 

次回の独立セミナー9/3にやります。

 

お気軽に友達申請してください▼

▼フォローしてね(懇願) ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク