経営者ならプレゼン能力磨かないとね

>

次回の独立セミナー2・19にやります。

 

 

スポンサードリンク

 

先日今年最後のNGBミーティングをしてまいりました。

最後という事もあり中々熱が入ります。いやーよく喋りました・・・まだまだ個人事業主の方も多いので決算期に向けどうしていくかなどなども含め喋る事だらけでございました。いやー喋りすぎて疲れました。約一年間分の売り上げや経費を見ながら今後の課題や これからどうなっていきたいのかなども含め皆様にもプレゼンしてもらったのですが、プレゼンを聞きながらしみじみ思ったんですが やはりプレゼン力ってのは大切だなと。

 

プレゼン力がないとスタッフにも何も伝わらない

これをしみじみ感じました。自分の頭の中をまとめながらいかに相手に伝えるのか?という能力。どれだけすごい作戦を考えても相手に伝わらなければ意味をなしません。来年のメンバーへの課題はプレゼン力をもっと強化しなくてはならないなとひしひし感じております・・・マンツーならそこまで必要ない能力なのかもしれませんが、将来ビジョンがスタッフを雇用し店舗拡大というビジョンなのであれば必須能力だと思います。来年からはプレゼンタイムをもっと増やさねばと 反省した一年でございました。

 

 

来年はメンバーさんも移転拡張などに向けて進む人も増えてきたので、それに伴い必要なサポート。財務、求人、などなどこれらを強化せねばならないので僕もバタバタ頑張ろうと思うわけでございますよ。

 

拡大することがいいこととは限らない

ただ こういう話をしていると移転拡張をする事や店舗展開する事が正義と思われがちなのですが 僕は必ずしもそれが正しいとは思いません。自分が現場に出、ありえないほどの高単価を叩き出し びっくりするような売上を上げれるような人は店舗展開なんてしない。人なんて雇用しない。っていう方が 利益だって出る可能性は高かったりする事もある。変に人を雇用する事で 変に時間を取られたり頭を悩ましたり経費がかかり 結果利益の圧縮に繋がる事もたくさんあります。ちゃんとその人その人に合ったプランを一緒に考えるってのが僕にとっての最も大切な仕事なんだろうなと思います。

 

サロンサポートをさせてもらってる中で一番大切に考えて行動していることは その人が生涯ちゃんと店を運営し続けれるようにしていくという事なんですね。これが僕のビジョンであり サロンサポートをしているミッションなんだと思ってます。なのでちゃんとやってなかったり サボってたりすると 思いっきり僕に怒られますwwww

 

先日も何度か 怒ってましたw

 

 

激おこぷんぷんゼニマルです。ええ。店まさやんに売ってそこで働いとけ 怒

って何度か激怒してましたw

 

大切なのは未来からの逆算

 

やはり今の積み上げではなく 将来どうなりたいのか?という未来からの逆算は本当に大切です。今だけを考えるとどうしてもどこかで緩みが出たり慢心が起こってしまいます。変に儲かったからなんか高い買い物してみたり スタッフとのコミュニケーションが疎かになってしまったり。。。そんな時に限っておこるスタッフからの一言

オーナーちょっとお話が・・・

 

ここで夜も眠れない世界に一気にダイブしてしまうわけです。きちんと未来予想図からの逆算。そしてその未来予想図を元にスタッフとの夢の共有。未来に自分たちはどこへ向かっているのか?その時皆んなはどうなっているのか?などなどの夢の共有そして 確実にその夢に向かっているという現実を見せてあげる。ここが重要になると思います。

 

そして終わってからは恒例の懇親会なのですが 今回は忘年会という事もありいつもと違うところに行きます。

よく京都でミーティングしております。なので今回の懇親会は「祇園」です。祇園。それもあの「花見小路」です。祇園といえば花見小路。花見小路にあるご飯屋さんでみんなで懐石料理を堪能するわけです。

 

牡蠣を食べたり、

 

祇園で懐石。 おいしいよねそら、、、

Tetsuyoshi zenimaruさん(@zenimaru.t)がシェアした投稿 –

なんか いっぱい入ってるやつ食べたり

みんなできゃっきゃしたりでございます。そしてバーに寄って帰ったんですが やはり帰っている途中でお腹が空いちゃうわけですよ・・・結果こうなるわけですよね。

 

 

いや。本当。イヤーアップ最高!!!!!!!

 

 

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク