顧客満足度をあげる為に【顧客情報こそ資産となる】

>

次回の独立セミナー7/17にやります。

手荒れにお悩みの方にオススメ手荒れシート「テアレズ」

※取り扱い代理店に「キクヤ美粧堂」さんが増えました

スポンサードリンク

 

朝起きて 電車に乗る前に銀行で通帳記入しそこで財布がない事に気付き、取りに戻り電車に間に合わず 気を取り直し電車で本を読もうとカバンから本を取り出し2pほど読んでみると、読んだ本だった事に気づく。

 

朝から2絶望を味わったゼニマルです。

 

8絶望を味わうと、チベットの山奥に行き頭を丸め修行に励もうと思います。ギャビンカムバックです。(わからない人はアマゾンプライムでシリコンバレーを見ましょう。ハマる事間違いなし!!あなたはタブ派?それともスペース派?)

 

シリコンバレーって僕あまり知らなかったんですがすごい聖地なんですね。

これだけ有名企業が集まっているところなんですって。

今では AIというやつがすんごい事になろうとしていて ついにグーグルがプレゼンしてましたが 電話もAIが代行してくれる時代になって来たようです。すごい事ですよねぇー。

 

機械のくせにっっ!!!

 

グーグルがどれだけすごいのか?これ読むとよくわかります。

そして今回のお話と次回のお話もリンクしていくので興味がある人は読んでみましょうw


そんなAIを駆使しますくる企業がどんどん増えてくる中 アマゾンの企業理念聞いてびっくりしました。

 

地球上で最もお客様を大切にする企業

 

なんですってね?アマゾンなんかもほとんど機械ですよ。AIですよ。メーテルがきっとアマゾンで働いてんだって僕は信じてますからね。どんどんこれから時代が進化する事により より顧客を大切にするレベルが上がってくるんだろうねぇーなんて矛盾を感じます。

 

 

本来人が人に対応する事により「サービス」という価値が生まれていました。海外のサービス業なんかはその人のレベルで 支払われる対価が変化する(チップ)コトにより より素晴らしいサービスを追求するようになります。先日もね会議で伝えてたんですけどもね 人が喜ぶ事をしなくちゃなんない。じゃないとお客様から指名をもらえない事になっちゃいます。要は必要とされない美容師になっちゃう。

 

そうならない為に 技術を昇華し接客レベルも上げていくわけです。

 

人気美容師になる為に。僕たちの世界はAIに侵されづらい職業の一つとでも言えるはずなんですが、ところがどっこい どっこいですよ

 

ふと思ったわけです。僕。

人が本来喜んでくれる事ってなんだろう?ってのを違う言葉に置き換えてみると

人が一番興味を持っている事ってなんだろうって考えてみました。

おそらく殆どの人が興味を持っているもので共通する事は

 

自分

 

だと思うんです。誰もが自分に一番興味がある。

とするとです。その人に一番理解がある事を示せる最もわかりやすい事は

 

その人の事を覚える

 

って事につながる気がするんですよね。誰だって経験ないですか??2回目に偶然お会いした人に名前で呼ばれて この人自分の事覚えてくれてたんだっておもった事ありません?だいたいそういう人って仕事できる人だったりします(ゼニマル調べ

 

 

人は自分の事に興味がある。だからこそ自分の事に興味がある人が好きになりやすかったりする。それ以外にも憧れとかいろいろな要素はあるんでしょうけど今日はそこは無視しましょう。

 

ってなるとね、その人の事を覚えるっていうのは人間ではAIに逆立ちしたって勝てないわけです・・・だからこそアマゾンは地球上で最もお客様を大切にする企業って言えるわけです。

 

どういう事か?今では普通にアマゾンアプリとか使う人多いと思うんですが、使い始めの最初を思い出して見てください。なんかすごく使いにくくなかったですか?っていうか何すればいいのかわかりにくくなかったですか?でもたまにフェイスブックとかで広告が出てて、それリンク先にいったら勝手に自分のアプリ立ち上がって、その商品買えたりする事なかった?それが何回か積み重なってきたら ある日突然

 

あなたにオススメの商品

みたいなやつ出てくるようになりませんでした??だんだん自分を覚えられていったって事なんでしょうね。。。

僕なんか最近最低でも週4回アマゾンで何か買ってます・・・完全にアマゾンにいいようにやられてます・・・・・

 

 

ちなみに楽天カード持ってます。

楽天カードで購入するとポイントがついて何回か買い物するとそのポイントで違うものが無料で買えるようになったりします。

でも楽天で物は買う事は基本ありません。ポイントがついて何か無料で買えたとしても買う事はありません。唯一買うのはアマゾンに欲しいものが売ってなくてそれが 楽天で売ってる時だけに購入します。

 

何がそんなに嫌なのか?楽天のサイトの導線が悪すぎてわかりにくいからです。消費者側の目線のサイトになってないって僕は感じたから 楽天で買いません。こないだも久しぶりに楽天で購入したら家に届けるはずがお店に届きました・・・・・汗

 

変なもん買わなくてよかったーーーーwwwwwwwww

 

って思う反面。なぜ送り先がそうなってる事に僕は気づかなかったんだろう?こんだけ通販マニアになっている僕がなぜ気づかなかったのか????って考えてたんですが、どう思い出してもその導線がおかしかったんだろうなぁーって答えにたどり着いてしまいます。

 

 

まぁそんな話はさておき、話をぐっと戻してお客様に喜んでもらえる美容師になる(美容室になる)っていう事を考えた時に、

まずそのお客様の事をしっかり覚えるっていう事が大事っていう事

 

その為にどうするのか?これはカルテなどしっかりとお客様の事を記入する事から始めるしかありません。特に既存客歴が長いお客様ほど 重要になる。結婚して新婚の頃にはあれだけ記念日を大切にするのが人間です。しかし。10年経ち20年経つとそんな記念日を忘れてしまい、家に帰る最中に突然思い出したりした記憶あるよね?w

 

既存のお客様ほどカルテに記入できる事ってどうしても少なくなります。だからこそその日の会話や施術。そして次回への提案などをしっかりと忘れないようにメモる。

 

 

特に歳とるとね 本当に物忘れってひどくなるのに

歳取ってから週間変えようと思ってももはや時すでに遅しなんですよ・・・だからこそ若い時からその習慣をつけといたほうが良いわけです。特に カルテなんかは時代がどんどん変わります。

 

一昔前は紙カルテに書いてたけど、今なんかはもう電子カルテです。

うちも全店で使ってるカルテは電子カルテです。

アイパッドでやるんですけど、僕はめんどくさいから(入力とかが)

自分のiPhoneのメモ欄にフリック入力でお客様の今日の内容と話した内容書いて次回提案何したかも必ず入力し、そしてお店には基本手鏡がありませんので iPhoneで写真を撮りそれをお客様に見せて確認してもらいます。その際の写真を今度iPhoneからアイパッドにエアードロップで飛ばして、メモはクラウドでアイパッドと繋がってるから アイパッドでスクショとって その写真をカルテに残しています。なんならカウンセリングを録音できたりもします(当たり前ですがお客様に許可を得ます)

 

 

これでお客様の事を完璧に覚えれます。

きちんとやれば・・・・・・・・・・・・・・

で、大切なのは実はこの次なんですよね。これをどうお客様に伝えるのか?ってのが大切で、自分だけがそのお客様の事をめっちゃ理解してても、それを相手に伝えないと ただの悶々野郎になっちゃいます。

 

悶々やろう。

門構えに心と書いて  「悶」

悶が二つで 悶々です悶々

所謂ただのストーカーみたいな感じになってしまいます。

 

 

これにお客様と繋がるシステムってのが必要になるんですよね。

電子カルテでいくなら今だと「美歴」なんかはそういうのができたりして良いですよね。

 

あとは自店の予約システムなんかについてるアプリとかね。

 

今日はなんでこんな長く こんな事をズルズル書いているのかと言いますとね、独立サポートなんかをした時に 最初この辺って皆さん経費削減の為に削ってしまわれやすい項目なんですよね。

 

ポスレジであったり、アプリであったり予約サイトであったり。

一番怖いのが どうせHPBやるんでポスレジはそれでいきますとかいう人多かったりするんですが、これ非常に怖い・・・・

なぜ無料でしてくれるのか?って事をもっと考えたほうがいいのに考えるという能力が頭の中で「無料」っていう言葉に負けちゃうんでしょうね・・・・辛

お客様の情報は僕達の世界にとって最も価値の高い「資産」となるっていう事を今日は言いたかったわけです。

 

本当はこれからまだ続くんですけど、流石に長すぎるので、ここで終わっておいてやろうと思いますw

 

次回は なぜ顧客情報が資産なのか?これからの時代は「縮小市場」だからこそ小規模美容室が最強になる?!をお伝えしたいと思います。

(気分が変わったら、トンカツはヒレよりロース論になる可能性もあり)

 

 

 

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク