美容室独立【儲かる】「集客と求人の関係性」

>

次回の独立セミナー9/3にやります。

手荒れにお悩みの方にオススメ手荒れシート「テアレズ」

※取り扱い代理店に「キクヤ美粧堂」さんが増えました

スポンサードリンク

こんばんは。ゼニマルです。

涼しくなったのにも関わらずなんですかこの湿度は・・・汗

今日も一人ひたすら汗かいてました。なのでブログ書く気にならなくてこんな時間に更新です・・・なんとか毎日ブログ書くぞ!!と心に誓って1週間くらい。すでに心が折れかけましたがなんとか書いてみます。今日は独立する時に必ず悩みに出る「メニュー単価」についてつらつら書いていこうかと。そしてそのお話は集客&求人へと続いていきます。(予定)(予定は未定であり決定ではないって誰かが言ってた)

 


独立時のメニュー単価はどう設定するのか?

ついにあなたは独立という選択肢を選び 職場や家庭にも話をしなんとか希望の物件とも出会う事ができ融資も無事決定し、いよいよ工事がスタートする事に。そしてあなたは工事の打ち合わせをしながら平行してHPBとも打ち合わせを始めます。これから待ち受けるあなたの新たな人生。自分が経営者となり自分の夢描いたサロンを作り出す一歩がスタートしました。不安と希望が入り混じったなんとも言えない気持ちに包まれHPBから渡された原稿に自分の思いの丈を書き綴ります。しかし!!とある場所であなたの指は止まってしまう事に・・・

カット料金いくらにしよう・・・・悩

慌てて自分の出店エリアをスマホで検索しどれくらいの料金が多いのか調べたりし出します。この辺はこれくらいのカット料金が多いのかー、、、と思いこんな考えがあなたの頭をよぎりました

この辺りの平均がカット4000円くらいだから4000円くらいで打ち出しておいたらいいかな?と。


客単価設定考えてますか?

ここでこの人は絶対に陥ってはいけない「自動思考」に陥ってしまいました。これが最も危険な思考です。とサポートする人には良く伝えるのですが、だいたいこの辺はこれくらいのカット料金だからこれくらいに設定すればいいやって考えちゃうと、途端にその辺りの美容室全てと比較されてしまう事になります。所謂「レッドオーシャン」にダイブしちゃいます。レッドオーシャンで勝てるのは基本資本力の高い大手サロンです。独立したてのあなたはそんなこと考えてはいけません。どう考えるのか?まずは客単価の設定から始めてみましょう。

客単価はいくらがいいのか?これは正解はございません。ただし最初何名でサロンをオープンするかによりで変わってくる事は確かです。今回はスタートはマンツースタートで考えてみましょう。

一人でスタートするあなたはまずいくら売上あげないといけないのかを考えてみました。すると1ヶ月なんとか80万あげないと利益が残らない事に気づきます。そこで80万あげる為には自分一人で1ヶ月マックス100人くらいが限界だと考え、客単価の設定を8000円と考え出しました。客単価8000円にするなら普段の自分のカラー比率パーマ比率トリートメント比率から考え最も多くくるメニューでもあるカットがせめて4500円ないと客単価8000円いかないという事実に気づきました・・・・・雇われの時は3500円のカット料金だったのに1000円も上げてお客さんは果たしてきてくれるのか!?と悩みに悩んだ挙句

でもこの単価ないと結局利益出ないし腹をくくってカット料金を4500円にする事を決意します。


客単価の為にターゲットを定めろっていうけれど

いざ客単価の設定もできたあなたはふとこんな事を思い出しました。商売をする上で重要な事は自分のお客様は誰なのかを考えよう!誰でもいいから来てくださいは誰からも選ばれない事に等しい。って誰かが言っていた事を。

美容室で8000円払ってくれる人ってどんな人だろう?自分の今までの客単価は7000円前後だったからどんな人がお客さんになってくれると客単価8000円になるんだろうか・・・?謎

美容室に2、3ヶ月に一度は行き一回あたり8000円払ってくれる客層を考えてみます。すると自分が担当していたお客様で該当する人を思い出してみたところ、30代後半の白毛が気になりだしたくらいのお客様ってそんな感じの人多かった事に気づきました。

そこでそういうお客様が来てくれやすいメニュー構成を考えてみる事にします。

 

するとどうでしょう!?オープンして3ヶ月で驚く事に無事80万円の売り上げを上げることとなるのです。しかも何と無くスタッフが欲しいなぁーと思っていたあなたはどこで求人をかけていいかするわからなかった為、店の外にスタッフ募集中って張り紙を書いてだしてみたところ ある日突然女性のスタッフの求人がかかります。

 

売り上げも上がりだし、スタッフも増えだしたあなたの人生はバラ色です。そこから一年間真面目にコツコツ頑張り売り上げも順調に上がりスタッフもパートさんと自分を含め4人のサロンへとなっていました。

 

ここであなたの頭の中にこんな考えがふとよぎります。そろそろ2店舗目に挑戦してみてもいいんじゃないだろうか・・・?と

 

長くなってきので続きます(予定

 

 

 

お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク