独立前に絶対これだけは頑張っとけっていうお話【自己資金とその後の売り上げの関係性2】

>

次回の独立セミナー4・16にやります。

 

手荒れにお悩みの方にオススメ手荒れシート「テアレズ」

スポンサードリンク

 

こんにちは。ゼニマルです。

先日の続きを書いていこうと思いますです。前のブログ読んでないって方はぜひ読んで見てね♪

 

では、いきます。

自己資金と独立後のスピードの関係性

今まで色々な人を見て来て、自己資金貯めてらっしゃる額が高い人程売りげが上がる速度が高い方が 圧倒的に多いんですよ。じゃーなぜそうなるのか?ってのを考えたところですね、経営ってそもそも何するんだ?って問いに対しての答えがこんなやつでした

 

  1. お金を貯める
  2. 投資する
  3. 売り上げる
  4. 利益を上げる

 

まずこの1なんですけどね、お金を貯める。

要するにお金を用意するって事なんですけど、これが事業を起こす為の最初のミッションとなります。最近では自己資金がなくてもクラウドファンディングなどもあるんですが、なかなか通常の美容室を作るのにこのやり方は出来ないかもしれません。通常はお金をきちんと毎月貯めて、その経過を公庫や銀行に見せお金を借りるという行為を行いますが、大切なのはこの時点でお金が貯まっているという事が重要なのではなく、お金を貯めていたという経過が大切になります。どういう事か?

 

現金が大切なのではなく、計画的にお金を貯めれる人という証明が大切

っていう事なんです。銀行ではやったこと無いんでわかりませんが、実際に公庫での借り入れでこんな事例があったらしいです。

今現在お金がそこまでなくても貯めていたという履歴で通った事があります。今現在はそんなに無いけどもこれだけ貯めていましたって見せました。なぜ今ないのか?どうしても使わないといけない状況になったっていう事を伝え、何に使ったのかはここでは伏せますがどうしても使わないといけない状況だったという事です。決して自分の浪費の為に使ったわけではありません。

やんごとなき事情ってやつですねw  実際このケースでも融資は満額おりました。ではお金を貸す人というのは、何を見たいのか?

 

この人は金銭能力が優れているのかどうか?を見たい

っていう事なんです。お金かしたはいいけど返って来ませんでした。っていうのは、当たり前ですが貸す人にしてみたら、リスクしかない訳ですよねwwww

安い給料の時に、お金が残らないなぁーって思ってた人は、たとえ給料が上がっても結果貯金できない人が多かったりする。貯金できる人って給料の大小に関係なく貯金できたりします。

これがその人の金銭能力ってやつなんです。特に日本人という人種はこの能力が低いらしい。お金に対して無頓着なんですって。

でもお金持ちの子供さんって大人になっても金銭能力優れたりしてる人多かったりします。こないだもお客様と話してたら子供の金銭能力を身につけさす為に、株をやらせているって話をしていましたが、日本人って投資とかの話すると結構嫌がる人多いでしょ?でもいまの銀行金利何%か知ってる?って聞くと、意外と知らない人が多かったりします。

逆にいうと、独立前ならお金をしっかりとやり繰りするって能力があれば、十分なのです。でも独立後、ここに色々なお金の事を勉強しなくてはならなくなります。

 

財務三表

  • 損益計算書
  • 貸借対照表
  • キャッシュフロー表

簡単に書くと、先ほど書いた1と2(お金を貯める、投資する)の部分を表すのが貸借対照表で表され、3と4(売り上げる、利益を上げる)が損益計算書で表されます。キャッシュフロー表は実際のお金の流れが表されていくんですけども、会社がでかくなるのと比例して、こういうやつを使いながら、銀行さん達からお金を借りたりしだします。

ある程度、経営しだすと売上をあげる。利益を残す。という考えから、いかにこれらの表を綺麗にするか?決算書をきちんと作っていけるか?っていうのがお仕事になってくる訳ですね。

ちなみに僕はよくわかっていませんwwwww  本来はきちんと理解しなくちゃいけませんが、どうしても本体があるので頼ってしまってました(反省)でもこれらは必ず、自分達が理解し、どういった数字を残すのか?という事から逆算をし、目標設定などが行われます。この辺を感覚で行ってしまうと、結果どんぶり経営といわれる経営手法になってしまうので気をつけましょう!!!(反省)

 

この辺りのお話は、経営してからなので、なんか色々あんだなぁー程度にとどめておいてもらえればいいのですが、要するに何が言いたいかと言いますと、まずは独立前からしっかりと金銭感覚を身につけましょう!というお話なんです。

特に、借入後 目の前には今まで見た事ない金額が通帳に残ります。ここで勘違いしちゃって、急にお金を使いだしちゃったりするケースが多かったりする。。怖

本来そのお金は 雇用したり、宣伝したりの為に使う、未来への投資金となります。金銭感覚がおかしくならないようにしなきゃなんですよねー。この金銭能力を鍛えるという事が独立前に非常に重要なミッションとなります。

今あるお金からいかにお金を残すのか?が第一ミッション。そして次に来るのが、そのお金をどう投資するのか?ってお話に続いてくるのですが、そこは独立してからのお話になりますので、独立を考えている人は是非お金を貯めるという事から挑戦して見ましょう♪

 

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク