【利益を出す】為の美容室独立方法

>

手荒れにお悩みの方にオススメ手荒れシート「テアレズ」

 

スポンサードリンク

昨日から突然5キロ痩せるまでは禁酒するぞ!!!と心に誓ったゼニマルです。ここ2週間体重に変動がございませんでした。ボクシングはちゃんと行き夜ご飯はサラダチキンか豚しゃぶサラダくらいしか食べません。夜飲み会などに参加しないといけない時もサラダかタンパク質しか摂取しません。

 

そしてボクシングに行くと2時間はなんやかんやしております。ジムで筋トレとかも頑張ったりしてます(数秒w)それなのにここ2週間体重変動がございません・・・・なので思い切って後5キロ痩せるまで禁酒!!を決意いたしました。飲みに行かないとダメな日もありますが、ウーロン茶or炭酸水で乗り越えてみようと思います。体脂肪率も10%下げたい・・・腹筋とか割ってみたい・・・・そんな事を妄想しながら今日もボクシングと禁酒を頑張ろうと思われますw痩せる時は一気に痩せる。そして継続させる。

 

体重に関しては痩せることの方が大変で、継続の方が実は楽なんですって。体重ってできるだけ変動しないように体が勝手に働きかけるんだとか。なので一旦痩せてしまえばその体重をキープしやすくなるらしい。でもリバウンドするじゃないですか!!!って言われると思うのですが、それは単純にせっかく痩せたのに、以前の食事に戻したり運動を全くしなくなっちゃうから。当然ですが、せっかく痩せたのに摂取カロリーが昔に戻ると太ります!!当たり前ですよねw 僕も今、夜ご飯だけ制限してますが、自然とお昼間とかも以前ほど食べなくなってきました。というか食べれませんw

 

お腹いっぱいになるまで食べることがまずない。食べれなくなるんですよね。お腹いっぱいに近くなるとしんどくなってくる。だいぶ食べる量が減りました。そして昨日はお酒すら飲まなかったので朝の目覚めがすこぶるよかったわけです。今日の仕事も本当はかどります・・・とりあえず後5キロ頑張ってまいりますですよ。

 

そんなどうでもいい前置きはさておき先日の続きです

 

貯金が投資に入るという理由

独立をする時にいくらくらいのお金がかかるか知ってますか?これは当たり前ですがどれくらいの規模でやるかで大きく変動します。小さければ小さい程安くつきますし、大きければ大きいほど高くなります(内装の坪単価は大きくなるほど安くなりますがトータル金額での話)独立セミナーなどで推奨している大きさのサロンくらいになると一概には言えませんが内装費で500万から800万位になります(元々の物件状態によりもっと高くなることもあります)

この金額はあくまで内装にこだわり過ぎないという前提です。こだわればこだわるほど当たり前ですが高くなりますからね。まぁこの辺はサクッと流します。これに後シャンプー台やセット面が入り、ネット回線や電話諸々のインフラ整備、そしてHP作成やHPB、折込などを入れる場合は折込代などなど。

 

まぁ軽く1000万は超えると思ってください。これより下回る金額で出すことは勿論可能です。ただし後々壁にぶつかります。オープン後数年で移転せざるをえなくなったり、修繕費などがかさんでしまったり。。安物買いの銭失いってやつですね。なのである程度はお金を投資しなくてはいけません。計算しやすいように初期費用が1000万と考えましょう(もっとかかりますが・・・)

 

では独立しようと考えた時1000万貯金してからでしかできないのか!?と考えると勿論借入をしてオープンするわけですよね。その借入をする為の原資が自分の自己資金となるわけです。本来お金を借りるのには担保が必要です(経営者じゃない人が)その担保となるのが自己資金なんですね。通常の担保はもし返済ができなくなったらその担保を奪われるのですが、今回の担保は信用が担保になると言う事です。お金をきちんと貯めれる人だからこの人はちゃんとお金の管理ができる人。お金にルーズじゃない人って言う信用を得れるわけです。できれば300万から400万の自己資金を持つ事をオススメします。

 

僕が今まで独立サポートをしてオープンされた人でその後の売り上げ伸び率を見てみると やはり自己資金しっかりと持っていた人はそうではない人達に比べて利益をしっかりと出す傾向にあります。逆に自己資金が少ない人は売上が上がっても利益率が悪かったりする傾向にある。最大で700万自己資金を持ってた人がいましたがその人はオープン半年後に600万くらいの売上を上げるサロンを作られてました。それ以外にもしっかりと自己資金を貯めている人で利益が増えないと言う人は今まで見たことがありません。

 

その反面自己資金をあまり貯めれていなかった人は売上は上がるけど、利益がない。自転車操業に陥ってしまったりします。なので貯金できる人間になるというのは自分の未来への投資なんですよね。今度経営者になると貯金の次の勉強が必要になります。本来の投資ってやつなんですが、これはまたの機会に。で、貯金しました。借入します。ってなった時にいくら借入をすればいいのか?なんですが、ここに対しては僕は必ず2000万借入してもらうようにしております。2000万というと必ず皆さん躊躇します。いや・・・そんなにお金なくてもいいんじゃないでしょうか?返済金もかなりでかくなるじゃないですか?と。ここからの話が今までの給料を貰って自分のお金だけでやってきた人生と大きく価値観を変えなくてはいけない世界に突入します。

 

レバレッジをかける世界にダイブする

美容室経営って実際儲かるのか?って言われると ある地点の売り上げを超えなければそんなに利益って実はないんですよね・・・・・なんか夢壊すようなこと言ってしまって申し訳ないんですが・・・なので今現場である程度給料もらってる人ほど、マンツーで独立すること考えたら逆に給料少なくなっちゃうかもしれません。でも一定の損益分岐点(赤字と黒字の境目)を超えてくるとそこからはほぼ利益となります。(人件費分は増えるよ?)大切なのはいかに早くその地点に到着するのか?って事なんです。お店をオープンする事が目的ではなくそれは通過点でしかないっていうかただのスタート地点でしかないって事です。で、その地点に到達するために必要になるのが結局「お金」なんですよ。お金でお金を稼ぐっていう実にいやらしいお話になってくるんですよね。あまりこういう事書くとまたゼニマルは名前の通り金金金しか言わへんって褒められてしまうので流しますがお金を稼ぐにはお金が必要ってことだけ覚えておいてください。

 

で、なんの話をしたいのかと言いますと、最初に2000万借入をする理由てのがあるんですね。その理由をツラツラ書いていきたいのですが長くなってきたのでそろそろ僕の集中力が欠如してまいりました・・・

また続きますねw

 

 

※独立を考えているが、どうすればいいかわからないとか、何から始めれば?などで悩まれている人はお気軽にラインから相談してください。

 

友だち追加

お気軽に友達申請してください▼

▼フォローしてね(懇願) ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク