【儲かる】美容室独立方法「独立が頭をよぎったら考えるべきお金の話 2」

>

次回の独立セミナー9/3にやります。

手荒れにお悩みの方にオススメ手荒れシート「テアレズ」

※取り扱い代理店に「キクヤ美粧堂」さんが増えました

スポンサードリンク

こんにちは。ゼニマルです。昨日は久しぶりに飲み過ぎてしまいました・・・・やはり飲み過ぎはいけませんね。皆様も気をつけて!!!そろそろ寝てしまいそうなので先日の続きを。

【儲かる】美容室独立方法 「独立が頭をよぎったら考えるべきお金の話」

先日の話でお金を貯めよう!ってのとお金の使い方ってやつを書いたのですが、今日はその延長線のお話。


融資を受ける為に

独立するぜー!ってなった時に融資を申し込む際、通常であれば公庫に申し込むことになります。銀行に申し込むのがダメなわけじゃありませんがハードルがちょと高い、、、なので公庫にいくケースが多いんですね。

んでその時までに一体いくらのお金を貯めておくべきか?これは当たり前ですが借りたい金額により変わります。ただ美容室を1からちゃんと作ってそれなりのクオリティーって考えるとあまり少ない借入金額だと店を作れませんw

僕がよくオススメする自己資金は300~400万円です。これくらいあるとよほどなんかブラックな事さえ過去になければ店をオープンする金額を借りる事ができる可能性がぐんと上がります。

なので独立したいなぁーとかしようかなぁーって思った時のまず最初に自分が達成しないといけない目標は貯金を300~400万円しよう!!ってとこになります。

絶対貯めないといけないのか?っていいますとオープンするということだけでいいのであれば貯めなくてもいけますがオープンした後順調に店を軌道に乗せていきたい!と考えるなら僕の経験上自己資金を400万以上貯めている人の方が独立後の売り上げの伸び率がいい傾向にあります。


何故自己資金が多い方が成功率が高くなるのか?

これは単純にお金を貯めるいう行為は 必然とお金に対しての感覚が高くなるからなんですね。以前もブログで書いたのですが経営者の仕事は

  • お金を貯める

  • 投資する

  • 売り上げを上げる

  • 利益を出す

となります。この時に最も大切な能力がお金の管理能力となるわけなんですよね。なので是非独立を志した時からお金を貯金するという事にトライしてみましょう♪

独立失敗しない為に【自己資金とその後の売り上げの関係性】

※以前のブログはこちら

 

次回の独立セミナー9/3にやります。

 

お気軽に友達申請してください▼

▼フォローしてね(懇願) ▼

▼フォローしてね ▼

By

スポンサードリンク

▼お気軽に友達申請してください▼

▼お腹すいた~とつぶやいております ▼

▼フォローしてね ▼

 

▼独立を考えている美容師さん読んでよね▼

▼複数の経営者が気ままに書いてます▼

スポンサードリンク